2009年01月

2009年01月28日

バレンタイン



こんにちは(^▽^)
フローリストカノシェ 店長のコウジです。


インフルエンザが大流行していますが 大丈夫ですか?
私は風邪がやっとなおりました。

体調を崩さないように気をつけましょうね!

1月が終わると 大イベントが待っています


女性も男性もそろそろ気になるあのイベント・・・

そう、バレンタインです(^^)


皆さんは どんな思い出がありますか?


私のバレンタインの思い出は、というと・・・

ここで モテモテの話をバァ〜ン!とできるといいんですが
残念ながら 自慢できるようなお話は ありません(T_T)


家に帰ると 母が
「どうせひとつも貰えていないんだろう?」 と言って
板チョコをくれるのが 恒例になっていました。


世の男性は 心のどこかで
バレンタインプレゼントを 待っていますよ♪

勇気を出して思いを打ち明けるもよし。

日ごろの感謝の気持ちを贈り物に添えるもよし。


素敵なバレンタインになりますよう 祈りながら・・・


カノシェでは チョコは作れないので
お花で バレンタインのお手伝いをしちゃいます!


日本以外の国では
バレンタインは 赤バラをプレゼントするのが定番らしいですね。

チョコレートにお花を添えて贈るのも 粋ですよ♪


この冬大人気の、ハートアレンジを
バレンタイン用にご用意いたしました♪

スタッフみんなで考えましたので 良かったら見てくださいね〜♪
http://www.kanoche.com/valentine2009.html




kanoche2 at 16:51|Permalink フラワーメール 

お花屋さんの仕事〜生け込み



前回の「お花屋さんのお仕事」では
「水上げ」という お花を元気にする作業のお話をしました。

今回は、元気になったお花を
どのように皆さんに楽しんでもらうか、というお話をします(^^)


今回取り上げるのは 「生け込み」 というお仕事です。


あまり聞きなれない言葉だと思いますが

・レストラン
・ホテルのエントランス
・会社の事務所

などにお伺いし、その場にあわせたお花を生ける
という仕事です。


カノシェでも、毎週
たくさんの生け込みをさせていただいています(^^)


★生け込みで気をつけること★

1.その時その時の季節感が出せること
2.生ける場所のイメージに合っていること
3.香りが強い花がいいか 強くない花を生けるか

など、場所によって変化させます。


大体 1週間、花を生けることになるので
1週間しっかり持つことを心がけています。


その他

エアコンの当たり具合。
表の風の入り具合。
外からの光が入るかどうか。
生けた先でお水をやってくれる方がいるか。

などなど・・・
いろいろなことを考えながら お花を決めていきます。


月曜日にお花を生けてほしいというお客様が多いので
月曜日は大忙しになります。


たくさんの人の目に触れて楽しんでもらうお花なので
腕の見せ所なんですよ〜(^^)

毎週毎週、楽しんで生けさせていただいています♪


_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 お┃わ┃り┃に┃
 ━┛━┛━┛━┛

バレンタインと言えば

今年は 「逆チョコ」といって
男性が女性に贈るチョコレート、というものも
出回り始めているそうですね。

テレビでチラッと見ただけなので
実際に世の中がそういった流れになっているのか
全く実感がわかないのですが・・・

今年は 女性だけじゃなく
男性も「贈る側」になったほうが良いのでしょうか!?

用意したほうがいいのでしょうか・・・
待っていたほうがいいのでしょうか・・・

悩むところです(笑)





kanoche2 at 16:49|Permalink フラワーメール 

2009年01月16日

新年のご挨拶



こんにちは(^▽^)
フローリストカノシェ 店長の加納です。


新年 明けましておめでとうございます!


早いもので1月も半ばになりましたが、
今年初のフラワーメールです。

スタッフ一同、頑張りますので
今年も宜しくお願い致します!


皆様に喜んでいただけますよう、色々考え中です。
楽しみにしていてくださいね。


年末年始は いかがでしたか?


私は、普段見ないテレビをゆっくり見ました。

2008年のヒット曲を見て びっくり!

上位のほとんどが ジャニーズでした。

花の生徒さんもよく 話題にして盛り上がっていますが
すごい人気なんですね〜。

お笑いもすごかったです。


今年は
世の中の流行っていることにも目を向けていかなきゃな〜
と思いました。




kanoche2 at 16:46|Permalink フラワーメール 

お花屋さんの仕事〜水上げ


前回、仕入れのお話をさせていただきましたが
切り花を仕入れたあとには『水上げ』という作業があります。

水上げというのは・・・

生産者さんから市場に運ばれる時には
お水から離れて運ばれます。

その お水が下がった状態から
お水をたっぷり吸わせて 元気にしてあげる作業です。


まずは、
水に浸かる部分の葉っぱを綺麗に取り除きます。

葉っぱが水に浸かっていると
バクテリアが発生して水がにごりやすくなりますので
お水には葉っぱがつかないようにします。

その後、花にあわせて
花の茎を切ったり、折ったり、お湯に浸けたり。

というような作業になります。

他にもいろいろ方法はありますが
この3つが基本になります。


花束などを花瓶に生けるとき
茎を「切って」花瓶にいけると思ってらっしゃるかたが多いと思います。

実は、意外と「折って」あげる花が多いんです。


分からないときには・・・

とりあえず茎を少し 手で折ってみてください。
パキッとすぐに折れれば、折るのが適した植物です。

茎がグニャッと曲がってしまうものは、切る。

というふうに考えると、分かりやすいと思います(^^)


折る植物の代表的なものは

●菊の仲間
●枝物(ちょっと硬めの時には縦に割ると良い)全般
その他 なじみ深いお花では ストック トルコ桔梗 リンドウ
などなど たくさんあります。

折ってみると分かると思います。
パキッと簡単に折れますよ(^^)


これからの春の時期は、切る植物が多いです。

●チューリップ
●アネモネ
●ラナンキュラス

などの球根の植物も
切ってもらう植物になります。


定番で一年中あるものの中では

●バラ
●ユリ
●ガーベラ
●カーネーション

などは 切ってもらう植物になります。


大体このくらいを分かっていただけると
お家でもお花が長持ちしてくれると思いますよ。

試してみてくださいね〜♪


お花の元気がなくなったときは・・・

寿命で元気がなくなることもありますが
水が下がりやすい植物 というのもあります。

1.そのお花を新聞でくるむ
2.茎の下2cmくらいを熱湯に15分くらい浸ける
(熱湯からぬるま湯に変わるくらいまで)

こうすると
びっくりするくらいピシッと元気になるお花もたくさんあります。

ちょっと元気がなくなってみたら、試してみてください♪


_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 お┃わ┃り┃に┃
 ━┛━┛━┛━┛

先日、5年ぶりに学生時代の友達と集まりました。

会う人会う人から 「太ったな〜」と言われて
ちょっとショックを受けました(T_T)

以前聞いたラジオによると

身長から100を引いたくらいで、
少しぽっちゃりぐらいが 一番長生きできる体重だそう。

今、私が 身長179cm、体重78kg なので
丁度良い体重だな〜と思っていたんです。

が・・・
余りにも言われたので、今年は思い切って
少しダイエットしようかな〜と思いました。

成功したらまたお知らせします!

お楽しみに〜(^^)

_______________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

kanoche2 at 16:44|Permalink フラワーメール