2008年02月

2008年02月04日

花配送

花配送1

今では、一般的になってきている花配送(花の全国配送)。
お店を始めた10年前は、『え、宅急便で花を配送するの?じゃあいいです。。。』とびっくりされることもありました。

花キューピットのように、現地の花屋さんから直接届く方が、安心で新鮮、というイメージが強かったのでしょう。

最近は、ほとんど、そう言われることはないですね。
それだけ、花配送のシステムも確立し、一般にも浸透したのでしょうね。

また、うちの花を気に入って、『こちらで作った花をおくってもらいたい」そう言ってくださる方が多く、本当にありがたいことだと思っています。

『北海道まで送ってもらって、先方にはたくさんお花が届いていたんですが、こちらのお花が一番長くきれいだったそうなの、どうしてかしら?』なんて言われたこともあります。

良いお花を、きちんと鮮度管理をして、まめに仕入れて、ちゃんと保水をして
配送すれば、現地のお花屋さんより劣ることはないと思っています。


花配送時は、入念に準備をし、しつこいかな、と思うくらい、スタッフさんたちにも徹底してもらっています。
例えば、アレンジメントの場合。

1、かごに給水スポンジをセットするとき

必ず、上下に強くふっても スポンジがかごから動かないようにする(これは、宅配中の動きで、スポンジが飛び出したりしないように)
スポンジの高さは、かごと同じ高さに。
上に飛び出していると、乾燥しやすいです。


2、お水は、かごのふちから3センチ下くらいまでためる。

できれば、たっぷりにしたいですが、そうすると少し斜めにされただけで
水が漏れてしまいます。
かといって少なければ水落ちの原因に。
かご自体もスポンジが多めにはいるものを選んで、お花が大好きな水をきちんと吸えるよう気をつけています。

3、花はしっかり挿す!

これはいつも通りですが、やはり動きに耐えるように。

4、梱包時。

まずはセロファンでくるんだ花をしっかり内箱に固定。
このときも、固定した後、上下左右に振って、動かない事を確認。
花配送2


5、内箱を、外箱にいれ、これも、動かないように、両方の境目を固定。このときも、振って確認。
花配送3


これで、あとは、ふたをしめて完了です。
真横に倒されたり、ひっくり返されたりしない限り、まず、破損はないと、自信を持って、送り出しています。


年間2000件以上お送りしていて、正直、一年で数件は、何かあります。ドライバーさんがうっかり倒してしまったり、指定の時間に届かなかったり。
人が介在していることなので、ゼロはむずかしいかもしれないけど、極力、ゼロに近づけたいし、自分たちができる工夫は考えられる限り実行しています。


お花を長く楽しむ虎の巻を同梱していますが、他に お届けしたお花の名前、
作った人からの一言と、お花の紹介、、短いお手紙をつけられたらなと思っています。


フラワーギフト フローリスト カノシェはこちら
http://www.kanoche.com


kanoche2 at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)宅配について | 花束

2008年02月03日

チューリップの花束&アレンジメント

春と言えばチューリップですよね。

チューリップは 3月 4月の花というイメージが強いですが、切り花では
1月下旬〜3月上旬がオススメです。

暖かいと咲いて、寒くなると閉じて♪
ツボミから、咲ききるまでいろいろな表情を見せてくれます。

店内


花言葉は
  * 永遠の愛
* 恋の告白
* 思いやり、真面目な愛

咲き方もさまざま、毎年新しい品種も登場して楽しいですよ!!

色々な品種のご紹介
まずは、フレミングパーロット。オウムの羽のような切れ込みのある花びらを持つ種類を、パロット咲きと言います。
パーロット


このフレミングパロットは、咲くほどに色も 黄色と赤が色濃くなってかなり派手!
個性的にというオーダーにもってこいです。

こちらはアプリコットパロット。まだ蕾み気味なので、色がはっきりでていないけれど、上品な淡いアプリコット色です。
アプリコット



次はユリ咲き。花びらの先がつんととんがっていて、咲くとまさにユリのようです。

ジャクリーン。大輪で花の高さもあるのでとても見栄えがします。
ジャクリーン

こちらはスタンダードタイプのガブリエラ。上品なピンクです。
ガブリエラ

他にも咲くととても豪華な八重咲きや、花びらがぎざぎざのフリンジ咲きも可愛いですよ。

またご紹介しますね。


<飾り方のあれこれ>
なるべく、室温の低めのところに飾った方が長く楽しめます。

お水はよく吸います。万一お水を切らして、ぐたーーっとしても
もう一度切り口を新しくして、新聞紙等で全体をまっすぐになるようにくるんで、たっぷりのお水にいけます。

あっという間に元気にります!

アレンジに挿してたチューリップがそうなった場合も同じ。
切ってすぐスポンジに挿し直すのではなく、お水にいけて しゃきっとしてから
スポンジに挿し直してくださいね。

チューリップの花束(ブーケ)
オーソドックスにスイートピーを添えて
ブーケ1

オシャレにクリスマスローズなどと組み合わせ
ブーケ2


チューリップのアレンジメント

アレンジ



フラワーギフト フローリスト カノシェはこちら
http://www.kanoche.com


kanoche2 at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)春の切花